国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

Bit. 16(1)(201)

情報
操作方法

目次・巻号

  • Bit
    • 1960~1969 (10)
    • 1970~1979 (135)
    • 1980~1989 (151)
      • 1980 (15)
      • 1981 (15)
      • 1982 (15)
      • 1983 (13)
      • 1984 (13)
        • 16(1)(201) [78]
          • 表紙デザイン / コンピュータ・グラフィックス 沼田望
          • エンドユーザの効用 / 斉藤信男/p3~3
          • 電脳話--アーキテクチャ成功と失敗の分かれ目(7) / 坂村健/p4~11
          • マイコン・トピックス--IBM-PCと国産パソコン / 前田英明/p12~13
          • イーグル村通信--ずっと成功し続ける法--公式技術レビューのすすめ(40) / ジェラルド M.ワインバーグ ; 木村泉/p14~18
          • HISシリーズ--OA時代のソフト開発--米国,カナダを訪問して(5)/p19~33
          • 考える道具としてのLISP入門--LISPの基本関数(4) / 難波和明 ; 安西祐一郎/p25~32
          • アレフ・ゼロ/p33~33
          • Smalltalk(3) / 竹内郁雄/p34~44
          • 単語帖/p45~45
          • CAD/CAMと情報処理 / 大須賀節雄/p46~73
          • M68000におけるI/O分散処理--ソフトウェアからのアプローチ(下) / 鎌村知範/p74~109
          • ソフトウェア保守の管理--ソフトウェア保守の今後(完) / 宮本勲/p83~88
          • ナノピコ教室--出題(魔法陣と組立て除法) / 嶋田君枝/p89~89
          • 数値計算の常識--数値計算の中の非数値計算(22) / 伊理正夫/p90~91
          • ディジタル通信時代--広帯域通信(10) / 鹿子木昭介/p92~102
          • 新世代プログラミング--理論(1)ラムダ計算とコンビネータ論理(7) / 外山芳人/p103~109
          • 注目される対話型パッケージ:TROLL / 太田辰幸/p110~110
          • bit player--Prologを好きになりつつある方へ / 梅村恭司/p113~119
          • ナノピコ教室--解答(マイコンを使いこなす) / 駒木悠二/p116~119
          • ぶっくす/p120~120
          • bitレーダー/p122~122
        • 16(2)(202) [75]
          • 新しい時代を迎えたコンピュータの技術 / 室賀三郎/3~3
          • コンピュータ技術最前線をゆく--商売になりだした人工知能製品(1) / 栗田昭平/4~10
          • お弁当箱に論文を書く--ポケット・ワープロの活用 / 飯高茂/11~17
          • 電脳話--アメリカの会社ならマネをしていいのか(8) / 坂村健/19~27
          • イーグル村通信--一か所変えるだけですから・・・(41) / ジェラルド M.ワインバーグ ; 木村泉/30~33
          • micro-PROLOGの概要 / 月尾嘉男/44~50
          • OA化に組織はどう対処するか:その研究と実践 / 三輪眞木子 ; 根本せつ子/67~78
          • HISシリーズ--ホテル・システム(6) / 池本春樹/87~93
          • bit player--ファームウェア 堅物,軟物に挟まれた怪しげな物 / 清水徹/105~107
          • 関数的プログラミンダ--発想と歴史(1) / 井田哲雄/60~66
          • 考える道具としてのLISP入門--ASSOCを使った検索関数(5) / 難波和明 ; 安西祐一郎 ; 中嶌信弥/52~59
          • ディジタル通信時代--狭帯域画像通信(11) / 鹿子木昭介/94~104
          • 新世代プログラミング--理論(2)スコット理論(8) / 外山芳人/80~86
          • マイコン・トピックス--New Products / 前田英明/28~29
          • AIR MAIL--カーネギーメロン大学より / 徳田雄洋/34~35
          • トーイプログラム・ライブラリ・アップデイト--スマリアン関数(その1) / 有澤誠/36~37
          • 数値計算の常識--中間変数の活用(23) / 伊理正夫/38~39
          • データベース技術の過去・現在・未来--データベース研究の展望 / 有澤博/40~41
          • Historical Memorandum--BASIC / 高橋肇/79~79
          • ナノピコ教室--出題(曲面を作る) / 大野義夫/42~43
          • ナノピコ教室--解答(日本シリーズの球場) / 小山謙二/109~111
          • アレフ・ゼロ //18~18
          • 単語帖 //51~51
          • bitレーダー //108~108
          • ぶっくす //112~113
          • 表紙デザイン / コンピュータ・グラフィックス 沼田望
        • 16(3)(203) [75]
        • 16(4)(204) [75]
        • 16(5)(205) [84]
        • [16]([6])(206) [148]
        • 16(7)(207) [76]
        • 16(8)(208) [81]
          • 巻頭言 プログラム・ジェネレータの方向 / 佐々木彬夫/p3~3
          • 新連載 MS-DOSプログラミング入門--OSとしてのMS-DOSの特徴(1) / 石田晴久/p4~11
          • よみもの 自然言語と計算機 / 郡司隆男/p12~18
          • アレフ・ゼロ/p19~19
          • イーグル村通信--歯以外も見える話(46) / ジェラルドM.ワインバーグ ; 木村泉/p20~23
          • コンピュータ技術最前線をゆく--CAI,CMIの浸透始まるか--手づくりコースウェア作成のツール登場(6) / 栗田昭平/p24~33
          • クヌース博士にインタビュー(4) / D.J.アルバース ; L.A.スティーン ; 来住伸子/p34~39
          • 電脳話--コンピュータをいかに教えるか(11) / 坂村健/p40~50
          • ナノピコ教室--出題(数芸と行列式) / 駒木悠二/p51~51
          • マイコン・トピックス--Old Soldier never die. / 前田英明/p52~53
          • 脳の情報処理--神経細胞と論理(2) / 甘利俊一/p54~55
          • データフロー制御方式を採用した非ノイマン型プロセッサμPD7281 / 黒川秀文 ; 大内光郎/p56~60
          • リレー連載 新世代プログラミング(12)--アーキテクチャ--Prologのデータフロー処理とそのためのアーキテクチャ(2) / 尾内理紀夫/p60~65
          • bit player 68000命令セット / 細田泰弘/p67~71
          • 単語帖/p66~66
          • 連載 考える道具としてのLISP入門--SCRIPT APPLIER MicroSAM(10) / 難波和明 ; 安西祐一郎/p72~82
          • 関係データベース・マシンDeltaの試作に成功 / 栗田昭平/p83~83
          • 関数的プログラミング--理論的基礎--コンビネータとFFP(6) / 井田哲雄/p84~90
          • SWEN/p91~91
          • George E. Forsythe賞第一席--二分探索木での挿入と削除の実験的研究 / Jeffrey L. Eppinger ; 寺島元章/p92~99
          • George E. Forsythe賞第一席--確率的または多次元的荷重をもつグラフの最適経路 / Ronald Prescott Loui ; 元吉文男/p100~100
          • 読者投稿 CRTと振動平面鏡による真の三次元ディスプレイ装置 / 豊島耕一/p110~115
          • 1984ロジック・プログラミング国際シンポジウムに参加して / 中島秀之/p116~117
          • ナノピコ教室--解答(数学とコンピュータとの違い) / 蜂谷博/p119~123
          • bitレーダー/p118~118
          • ぶっくす/p124~125
        • 16(9)(209) [71]
        • 16(10)(210) [86]
        • 16(11)(211) [87]
        • 16(12)(212) [82]
        • 16(13)(213) [76]
      • 1985 (15)
      • 1986 (17)
      • 1987 (17)
      • 1988 (15)
      • 1989 (16)
    • 1990~1999 (162)
    • 2000~2009 (16)

Bitの書誌情報

簡易表示

詳細表示

書誌情報

簡易表示

詳細表示

https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3299479/1

この資料は、著作権の保護期間中か著作権の確認が済んでいない資料のためインターネット公開していません。閲覧を希望される場合は、国立国会図書館へご来館ください。
デジタル化資料のインターネット提供について

「書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク)」が表示されている資料は、遠隔複写サービスもご利用いただけます。

遠隔複写サービスの申し込み方(音源、電子書籍・電子雑誌を除く)

機能マウス操作キーボード操作
コマ送りの向きを反転するコマ送り方向反転ボタン(右向き) コマ送り方向反転ボタン(左向き)
次のコマに進む上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:→
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:←
前のコマに戻る上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:←
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:→
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
90°回転(反時計周り)90°回転(反時計周り)ボタンJ
90°回転(時計回り)90°回転(時計回り)ボタンK
サムネイル一覧を表示するサムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)」の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示する[URL]*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像をコマ送りするコマ送りボタンCtrl+→:コマ送り
Ctrl+←:コマ戻し
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※シークバーのドラッグも可能です。
SHIFT+→:+10秒
SHIFT+←:-10秒
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。