国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

Bit. 14(8)(181)

情報
操作方法

目次・巻号

  • Bit
    • 1960~1969 (10)
    • 1970~1979 (135)
    • 1980~1989 (151)
      • 1980 (15)
      • 1981 (15)
      • 1982 (15)
        • 14(1)(174) [72]
        • 14(2)(175) [66]
        • 14(3)(176) [163]
        • 14(4)(177) [65]
        • 14(5)(178) [67]
        • 14(6)(179) [66]
        • 14(7)(180) [75]
        • 14(8)(181) [67]
          • 巻頭言 ソフトウェアと"設備" / 上條史彦/p3~3
          • 高機能パーソナルコンピュータへのアプローチ / 野村浩郷/p4~13
          • Raymond T.YehコーナーJohn B.Munson,Raymond T.Yeh--IEEEソフトウェア工学生産性ワークショップの報告 / 山守成樹/p14~15
          • イーグル村通信(22)--システム設計の三大B / ジェラルドM.ワインバーグ ; 木村泉/p16~18
          • JIS基本BASICの要点 / 西村恕彦/p19~25
          • 数値計算の常識(4)--たった1回だけの計算なんて… / 伊理正夫/p26~27
          • マイコン・トピックス--富士には月見草がよく似合う / 前田英明/p28~29
          • JIS FORTRANの改正--FORTRAN77のJIS化 / 菅忠義/p30~35
          • 単語帖/p35~35
          • 算譜作法(7)--おぎょうぎの良い算譜 / 島内剛一/p36~39
          • AIR MAIL--ヴァージニア工科大学 / 西原清一/p40~41
          • ナノピコ教室--出題(ドデカ・パズル) / 斎藤隆文/p42~43
          • 簡易ソフト / 片貝孝夫/p44~50
          • アレフ・ゼロ/p51~51
          • 32ビット・スーパーミニコンのOS(2)--VAX/VMS / 今野肇/p52~59
          • 数学とマイコン--BASICプログラム改良法(1)--全部の場合を尽くす / 細井勉/p60~60
          • Historical Memorandum--統計学 / 高橋肇/p67~67
          • エディタとテキスト処理(4)--QED(1) / 和田英一/p68~74
          • bitレーダー/p75~75
          • 数学分野の情報検索(1)--情報検索に先だって / 一松信 ; 羽鳥浅子/p76~82
          • UNIXシステム入門(10)--UNIXの主力言語Cとそのプログラミング / 石田晴久/p83~89
          • トーイプログラム・ライブラリから(15)--トーイ・コンパイラ / 有澤誠/p90~91
          • プロセスと同期(25)--またまた待合せそして完 / 土居範久/p92~93
          • プログラミング・セミナー--相性診断--オペレーティング・システムと言語処理系 / TSINKY/p94~100
          • ナノピコ教室--解答(網目作り) / 高澤嘉光/p101~103
          • ぶっくす/p104~105
        • 14(9)(182) [66]
        • 14(10)(183) [72]
        • 14(11)(184) [119]
        • 14(12)(185) [72]
        • 14(13)(186) [69]
        • 14(14)(187) [81]
          • 数式処理のインパクト / 一松信/p3~3
          • パネル討論会 新しいプログラミング概念とアーキテクチャ--本当に有効か / 後藤英一 ; 雨宮真人 ; 片山卓也 ; 川合敏雄 ; 村田健郎 ; 山本昌弘/p4~19
          • 16ビットマイクロプロセッサ用OSの使い勝手--CP/M-86でのプログラミング(3) / 佐藤衛 ; 永栄繁樹 ; 井田昌之/p20~39
          • 算譜作法--むつかしさに挑もう(完) / 島内剛一/p40~43
          • 数値計算の常識--数値微分--打切り誤差と丸め誤差の闘い(9) / 伊理正夫/p44~45
          • ドデカパズル-ノナ-ものがたり / 芦ヶ原伸之/p46~49
          • スズ箔蓄音機からの出発 / 青木国夫/p50~50
          • イーグル村通信--白パンの危険信号(27) / ジェラルド M. ワインバーグ ; 木村泉/p51~53
          • マイコン・トピックス--MP/M 8-16とFull Ada / 前田英明/p54~55
          • マイコンによるAdaプログラミング / 石田晴久/p56~61
          • UNIXシステム入門--UNIXのPascal,Fortran 77,Ratfor(15) / 石田晴久/p62~67
          • 日本語情報処理のために--JEF,OASYSの開発過程から / 神田泰典/p68~73
          • 数学とマイコン--BASICプログラム改良法素数を求める(完) / 細井勉/p74~81
          • 単語帖/p82~82
          • ナノピコ教室--出題(隠線消去) / 高澤嘉光/p83~83
          • エディタとテキスト処理(9)--ディスプレイエディタ(2) / 和田英一/p84~89
          • 声に出して考えるプログラミング / 有澤誠/p90~98
          • Historical Memorandum--文献検索 / 高橋肇/p99~99
          • コンピュータによる学習 / 安部憲広/p100~109
          • プログラミング・セミナー(関数and/or手続き)的プログラミング / TSINKY/p110~114
          • bitレーダー/p115~115
          • 国際会議APL 82印象記 / 中野嘉弘/p116~119
          • 数学分野の情報検索--未来への展望(完) / 一松信 ; 羽鳥浅子/p120~126
          • ナノピコ教室--解答(13階段への道) / 川合慧/p127~131
          • ぶっくす/p132~133
        • [14](別冊) [79]
          • まえがき/p4~4
          • 第1章 ツール利用のすすめ/p5~9
          • 第2章 発想のツール/p11~40
          • アイデア・マシン,テスト・マシン/p12~15
          • ソクラテス(電子チェックリスト)/p16~19
          • 作表ツール--CRTを利用(1)/p20~24
          • 作表ツール--グラフィックプリンタを利用(2)/p25~31
          • 処理日誌/p32~34
          • 電卓のシミュレーション/p35~40
          • 第3章 BASICソフトウェア・ツール/p41~79
          • 変数読取りツール--データファイルから(1)/p42~44
          • 変数読取りツール--テキストエリアから(2)/p45~47
          • 変数トレーサー--BASIC版(1)/p48~51
          • 変数トレーサー--ニモニク版(2)/p52~55
          • 実行回数カウント・ツール--BASIC版(1)/p56~59
          • 実行回数カウント・ツール--ニモニク版(2)/p60~63
          • アンダーライン・ジェネレータ/p64~67
          • サブルーチン管理/p68~71
          • プリティ・プリンタ/p72~74
          • エディタAWPS/p75~79
          • 第4章 プロゲラムレス・ツールKTCALC/p81~108
          • KTCALCのソースリストと解説/p82~95
          • KTCALCの使用例/p96~103
          • KTCALCの応用と機能拡張/p104~108
          • 第5章 システム思考ツール(CP/M)/p109~136
          • CP/Mの概要/p110~115
          • テキストエディタED/p116~126
          • 多言語システム/p127~133
          • 新しいツールへの道/p134~136
          • 付録A チェックリスト/p137~138
          • 付録B 予約語の中間コード,先頭番地/p139~140
          • 付録C 文献紹介/p141~142
          • あとがき/p143~143
      • 1983 (13)
      • 1984 (13)
      • 1985 (15)
      • 1986 (17)
      • 1987 (17)
      • 1988 (15)
      • 1989 (16)
    • 1990~1999 (162)
    • 2000~2009 (16)

Bitの書誌情報

簡易表示

詳細表示

書誌情報

簡易表示

詳細表示

https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3299458/1

この資料は、著作権の保護期間中か著作権の確認が済んでいない資料のためインターネット公開していません。閲覧を希望される場合は、国立国会図書館へご来館ください。
デジタル化資料のインターネット提供について

「書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク)」が表示されている資料は、遠隔複写サービスもご利用いただけます。

遠隔複写サービスの申し込み方(音源、電子書籍・電子雑誌を除く)

機能マウス操作キーボード操作
コマ送りの向きを反転するコマ送り方向反転ボタン(右向き) コマ送り方向反転ボタン(左向き)
次のコマに進む上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:→
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:←
前のコマに戻る上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:←
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:→
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
90°回転(反時計周り)90°回転(反時計周り)ボタンJ
90°回転(時計回り)90°回転(時計回り)ボタンK
サムネイル一覧を表示するサムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)」の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示する[URL]*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像をコマ送りするコマ送りボタンCtrl+→:コマ送り
Ctrl+←:コマ戻し
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※シークバーのドラッグも可能です。
SHIFT+→:+10秒
SHIFT+←:-10秒
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。