国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

Bit. 7(12)(87)

情報
操作方法

目次・巻号

  • Bit
    • 1960~1969 (10)
    • 1970~1979 (135)
      • 1970 (12)
      • 1971 (14)
      • 1972 (13)
      • 1973 (14)
      • 1974 (13)
      • 1975 (14)
        • 7(1)(76) [53]
        • 7(2)(77) [48]
          • 巻頭言 小さな親切大きなお世話 / 岩村聯/p5~5
          • LISP入門(完)Lispの入出力プログラム--入出力プログラムの部分に使用されるアルゴリズムとその問題点の解説 / 後藤英一/p6~12
          • 大気汚染解析モデルの開発(3)--結果とその解析 / 大瀬貴宏 ; 常岡正義 ; 田尾陽一 ; 山下浩/p13~20
          • ミニコンのシステム・プログラム(2)文字の入出力(2)--SPHの命令や文字コードを復習しながら文字の入出力ルーチンを完成する / 島内剛一/p21~25
          • 擬似ランダム系列(4) / 佐藤創 ; 中村勝洋/p26~35
          • ずいひつ コンピューターの声 / 下重暁子/p36~36
          • だうんたいむ計算機莫迦話 26人のBAKAたち / N.H.K./p37~45
          • 数値計算のフィロソフィー(完)双曲型の世界--近似モデルの作り方には物理的近似と数学的近似があります / 戸川隼人/p47~52
          • 出題 ナノピコ教室 / 清水留三郎/p46~52
          • アレフ・ゼロ / J.A./p53~53
          • マイクロプログラミング(13)ダイナミック・マイクロプログラミング--マイクロプログラムを動的に書き換える計算機とその応用を解説する / 宇都宮公訓/p54~63
          • シンガポールで計算機教育を行なって(1)--ある海外技術協力 / 高澤嘉光/p64~69
          • 解答 ナノピコ教室(11月号) / 中西正和/p70~71
          • 記憶とアドレス(1) / 小谷津孝明/p72~77
          • ぶっくす / 細井 ; 牛島 ; 久保/p78~79
        • 7(3)(78) [52]
        • 7(4)(79) [48]
          • 巻頭言 治にいて乱を忘れず / 本多波雄/p5~5
          • ミニコンをつくる(2)--演算回路--ミニコンの動く原理はなにか?―それはいろいろな電子回路のおかげ / 中川圭介/p6~11
          • シンガポールで計算機教育を行なって(3)--ある海外技術協力 / 高澤嘉光/p12~20
          • ミニコンのシステム・プログラム(4)--入出力制御(2)--紙テープせん孔機とデータ・タイプライタによる入出力はどのようにやるか / 島内剛一/p21~25
          • コンピュータ期待はずれ物語--コンピュータで成功した技術は / 石田晴久/p26~27
          • FORTRAN談議(1) / 阿部圭一/p28~35
          • ずいひつ 時代おくれ / 外山滋比古/p36~36
          • 擬似ランダム系列(6) / 佐藤創 ; 中村勝洋/p37~45
          • coffee break 連珠プログラムと対抗戦 / 真野芳久/p46~51
          • アメリカ短信 / 国井利泰/p52~52
          • オペレーティング・システムの理論(2)--ストレージ・コントロール(2)--ページ方式のアルゴリズム,またその最適の置換えアルゴリズムは? / 室信治/p53~59
          • バックギャモン(盤すごろく) / 駒木悠二/p60~63
          • だうんたいむ計算機莫迦話 有限のなかの無限 / N.H.K./p64~68
          • 出題 ナノピコ教室 / 一松信/p69~69
          • ナノピコ教室(1月号) / 十代田三知男/p70~73
          • 記憶とアドレス(3) / 小谷津孝明/p74~82
          • アレフ・ゼロ / J.A./p83~83
          • ぶっくす / 島内剛一 ; 高澤嘉光 ; 斎藤利弥/p84~85
        • 7(5)(80) [48]
        • 7(6)(81) [49]
        • 7(7)(82) [50]
        • 7(8 臨時増刊)(83) [121]
        • 7(9)(84) [46]
        • 7(10)(85) [50]
        • 7(11)(86) [48]
        • 7(12)(87) [50]
          • 後始末と前始末 / 伊理正夫/p5~5
          • マッカーシは語る--新計算機をめぐって / 西村恕彦/p6~12
          • ケース スタディ「2」給与計算(2)--中規模の会社での,マスタ ファイルを利用した給与計算を例にとる / 浦昭二 ; 芳賀敏郎 ; 赤沼恵/p13~19
          • 情報とスパイ / 戸川幸夫/p20~20
          • コンピュータ ネットワーク システム(3) / 山本欣子/p21~29
          • 出題--ナノピコ教室 / 大野義夫/p30~30
          • ミニコンのシステム・プログラム(11) 編集系(1)--ミニコン用の編集系と,それにより取り扱われる言語のことにふれる / 島内剛一/p31~34
          • 新しいシステム設計とは(2) / 井上靖之/p35~41
          • ミニコンをつくる(9) 制御装置(1)--制御回路の働きについて考え,記憶装置の速さの影響について考える / 中川圭介/p43~48
          • 単語帖/p42~42
          • クォ バディス? / N.H.K./p49~52
          • オペレーティング・システムの理論(完) オペレーティング・システムの評価と展望--ネットワーク型のモデルを仮定しながら,性能の評価と展望を試みる / 室信治/p53~57
          • ミニコンにおけるマイクロプログラムの現状と実例(4) / 柏原新治/p58~64
          • 第2回 日米コンピュータ会議 ハイライト / 山本欣子/p65~68
          • 読んでわかるプログラム流れ図(7) プログラミングのための流れ図(4)--シークェンス・チェックの具体的なやり方はどうすればよいのだろう / 吉田敬一/p69~76
          • アメリカ短信--はやりそうなソフトウェア工学 / 石田晴久/p77~77
          • 論理へのアプローチ--真偽と対応 / 馬目洋一/p78~79
          • 解答--ナノピコ教室(8月号) / 野下浩平/p80~84
          • アレフ・ゼロ/p85~85
          • 汎太平洋計算機網国際シンポジウム / 高橋理 ; 海老原義彦/p86~87
          • ぶっくす/p88~89
        • 7(13)(88) [50]
        • 7(14)(89) [100]
          • まえがき / 情報処理研修センター 山内二郎/p3~3
          • 概論 / 京都産業大学 戸川隼人/p4~13
          • 浮動小数点演算の誤差 / 富士通(株) 山下真一郞/p14~26
          • 誤差のキャンセル / 日本大学 宇野利雄/p27~32
          • インタバル・アナリシス / 早稲田大学 室谷義昭/p33~43
          • 誤差と離差 / 東京理科大学 柴垣和三雄/p44~48
          • 線形計算の誤差(基礎理論) / 早稲田大学 室谷義昭/p49~58
          • 線形計算の誤差(実験例) / 三菱電機(株)中央研究所 下地貞夫 ; 川面恵司 ; 三輪順子/p59~69
          • 数値微分の精度について / 日本大学 永坂秀子/p70~83
          • 複素関数論の応用 / 慶応義塾大学 高橋秀俊/p84~93
          • 代数方程式の誤差 / 東芝(株) 平野菅保/p94~108
          • 浮動小数点・有限固定桁によるベアストウーヒッチコック法 / 東芝(株) 平野菅保/p109~112
          • 統計的データの誤差の処理 / 統計数理研究所 田辺國士/p113~125
          • 丸め誤差考 / 東京理科大学 清水辰次郎/p126~135
          • 常微分方程式の数値解法における誤差 / 埼玉大学 小林光夫/p136~149
          • 常微分方程式の数値解法における丸め誤差の統計的解析 / 山梨大学 吉澤正/p150~156
          • 丸め誤差の確率モデル / 東京大学 森口繁一/p157~160
          • 有限要素法の誤差 / センチュリ リサーチセンタ(株) 武田洋/p161~172
          • 数値計算プログラムの動作解析とその段階的高速化--3項方程式解法のプログラムの場合 / 九州大学 牛島和夫/p173~183
          • 座談会-誤差を語る / 京都産業大学 戸川隼人 ; (株)小野勝章事務所 小野勝章 ; 電子技術総合研究所 戸田英雄 ; 東芝(株) 平野菅保 ; 早稲田大学 力久正憲/p184~193
      • 1976 (13)
      • 1977 (14)
      • 1978 (16)
      • 1979 (12)
    • 1980~1989 (151)
    • 1990~1999 (162)
    • 2000~2009 (16)

Bitの書誌情報

簡易表示

詳細表示

書誌情報

簡易表示

詳細表示

https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3299363/1

この資料は、著作権の保護期間中か著作権の確認が済んでいない資料のためインターネット公開していません。閲覧を希望される場合は、国立国会図書館へご来館ください。
デジタル化資料のインターネット提供について

「書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク)」が表示されている資料は、遠隔複写サービスもご利用いただけます。

遠隔複写サービスの申し込み方(音源、電子書籍・電子雑誌を除く)

機能マウス操作キーボード操作
コマ送りの向きを反転するコマ送り方向反転ボタン(右向き) コマ送り方向反転ボタン(左向き)
次のコマに進む上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:→
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:←
前のコマに戻る上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:←
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:→
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
90°回転(反時計周り)90°回転(反時計周り)ボタンJ
90°回転(時計回り)90°回転(時計回り)ボタンK
サムネイル一覧を表示するサムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)」の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示する[URL]*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像をコマ送りするコマ送りボタンCtrl+→:コマ送り
Ctrl+←:コマ戻し
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※シークバーのドラッグも可能です。
SHIFT+→:+10秒
SHIFT+←:-10秒
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。