国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

Bit. 7(1)(76)

情報
操作方法

目次・巻号

  • Bit
    • 1960~1969 (10)
    • 1970~1979 (135)
      • 1970 (12)
      • 1971 (14)
      • 1972 (13)
      • 1973 (14)
      • 1974 (13)
      • 1975 (14)
        • 7(1)(76) [53]
          • 巻頭言 専門学術書の危機 / 一松信/p5~5
          • LISP入門(13)Backtrack法とLisp--N-Queensの問題を例にとり,Backtrack法について考えてみる / 後藤英一/p6~11
          • ずいひつ 悪ふざけ / 筒井敬介/p12~12
          • グラフィックスのためのデザイン(4)--プログラム開発のための一般的技法 / 中原陽一 ; 渡辺寛 ; 篠田博水/p13~20
          • 新連載 ミニコンのシステム・プログラム(1)文字の入出力(1)--気軽に読んでシステム・プログラムはどんなものかを悟って下さい / 島内剛一/p21~27
          • グラフィック・ディスプレイによる原子炉炉心の地震シミュレーション解析 / 幾島毅 ; 中村康弘 ; 小沼吉男/p28~39
          • 数値計算のフィロソフィー(11)楕円型の世界--前回話したことが,"最終的にはどうなるか?"ということを調べてみる / 戸川隼人/p41~46
          • 出題 ナノピコ教室 / 十代田三知男/p40~40
          • 大気汚染解析モデルの開発(2)--複合型モデルとは / 大瀬貴宏 ; 常岡正義 ; 田尾陽一 ; 山下浩/p47~52
          • 65日間日本一周最長片道切符 / 平野照比古/p53~58
          • 擬似ランダム系列(3) / 中村勝洋 ; 佐藤創/p59~67
          • アレフ・ゼロ/p68~68
          • 計算機莫迦話 おれはオバケだぞ!--マニュアルこわい / N.H.K./p69~73
          • 解答 ナノピコ教室(10月号) / 駒木悠二/p74~75
          • マイクロプログラミング(12)マイクロプログラミングの記述と生成--マイクロプログラムを書くためのアセンブラやコンパイラについて述べる / 宇都宮公訓/p76~87
          • ぶっくす / 今井 ; 桜井 ; 合田/p86~87
        • 7(2)(77) [48]
        • 7(3)(78) [52]
        • 7(4)(79) [48]
        • 7(5)(80) [48]
          • 巻頭言 数学における約束とその理由 / 矢野健太郎/p5~5
          • 特集 GO TO論争 / 木村泉/p6~39
          • 新連載 読んでわかるプログラム流れ図(1)生活のなかの流れ図(1)--本や講義だけではわからないという流れ図を読んで理解してもらいます / 吉田敬一/p41~49
          • 出題 ナノピコ教室 / 金山裕/p40~40
          • ナノピコ教室--2月号 / 清水留三郎/p50~51
          • ずいひつ 蜘蛛の手 / 黒井千次/p53~53
          • ミニコンのシステム・プログラム(5)ローダとダンプ(1)--初めての方にも理解できるようおもな機能をまとめて先へすすみます / 島内剛一/p54~60
          • ミニコンをつくる(3)記憶回路--基本回路としてのフリップフロップの性質,これを使ったレジスタは? / 中川圭介/p61~67
          • アメリカ短信 / 国井利泰/p68~68
          • 単語帖/p69~69
          • コンピュータ期待はずれ物語--エサキ・ダイオードも消えた / 石田晴久/p70~71
          • オペレーティング・システムの理論(3)ストレージ・コントロール(3)--メモリ再配置にページ方式を取り上げ,そのマッピング理論を展開しよう / 室信治/p73~80
          • アレフ・ゼロ/p81~81
          • ぶっくす / 中川圭介 ; Th./p82~83
        • 7(6)(81) [49]
        • 7(7)(82) [50]
        • 7(8 臨時増刊)(83) [121]
        • 7(9)(84) [46]
        • 7(10)(85) [50]
        • 7(11)(86) [48]
        • 7(12)(87) [50]
        • 7(13)(88) [50]
          • 巻頭言 現代と情報科学の研究 / 菅忠義/p5~5
          • よみもの 最近のデータベース管理システム / 石田喬也/p6~15
          • ずいひつ 36本のタテの線 / 若城希伊子/p16~16
          • 連載 ケース スタディ「3」給与計算(3)実用システムの例 前回より規模が大きい場合のシステム例についてプログラムをつくる / 浦昭二 ; 芳賀敏郎 ; 赤沼恵/p17~23
          • ミニコンにおけるマイクロプログラムの現状と実例(5) / 柏原新治/p24~30
          • ミニコンをつくる(10)制御装置(2) シフト命令の実行に繰返し制御回路をつかうことによって高速化する / 中川圭介/p31~35
          • 新しいシステム設計とは(3) / 井上靖之/p37~45
          • 出題 ナノピコ教室 / 十代田三知男/p36~36
          • 解答 ナノピコ教室(9月号) / 駒木悠二/p46~52
          • ミニコンのシステム・プログラム(12)編集系(2) 基本的な編集系(アセンブラ)である,SPAの細部について述べる / 島内剛一/p53~60
          • 計算機莫迦話 複と素と / N.H.K./p61~65
          • アメサカ短信--分散データベース / 国井利泰/p66~68
          • 単語帖/p69~69
          • 読んでわかるプログラム流れ図(完)プログラミングのための流れ図(5) 二分表引きの流れ図を完成させて,表引き回数について地と比較する / 吉田敬一/p70~76
          • 論理へのアプローチ--論理の具体化 / 馬目洋一/p78~79
          • コンピュータ・アート展'75を見て / 高澤嘉光/p80~81
          • アレフ・ゼロ/p82~82
          • ニュース/p83~83
          • ぶっくす/p84~85
        • 7(14)(89) [100]
      • 1976 (13)
      • 1977 (14)
      • 1978 (16)
      • 1979 (12)
    • 1980~1989 (151)
    • 1990~1999 (162)
    • 2000~2009 (16)

Bitの書誌情報

簡易表示

詳細表示

書誌情報

簡易表示

詳細表示

https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3299352/1

この資料は、著作権の保護期間中か著作権の確認が済んでいない資料のためインターネット公開していません。閲覧を希望される場合は、国立国会図書館へご来館ください。
デジタル化資料のインターネット提供について

「書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク)」が表示されている資料は、遠隔複写サービスもご利用いただけます。

遠隔複写サービスの申し込み方(音源、電子書籍・電子雑誌を除く)

機能マウス操作キーボード操作
コマ送りの向きを反転するコマ送り方向反転ボタン(右向き) コマ送り方向反転ボタン(左向き)
次のコマに進む上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:→
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:←
前のコマに戻る上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:←
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:→
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
90°回転(反時計周り)90°回転(反時計周り)ボタンJ
90°回転(時計回り)90°回転(時計回り)ボタンK
サムネイル一覧を表示するサムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)」の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示する[URL]*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像をコマ送りするコマ送りボタンCtrl+→:コマ送り
Ctrl+←:コマ戻し
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※シークバーのドラッグも可能です。
SHIFT+→:+10秒
SHIFT+←:-10秒
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。