国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

Bit. 6(13)(75)

情報
操作方法

目次・巻号

  • Bit
    • 1960~1969 (10)
    • 1970~1979 (135)
      • 1970 (12)
      • 1971 (14)
      • 1972 (13)
      • 1973 (14)
        • 5(1)(49) [53]
        • 5(2)(50) [68]
        • 5(3)(51) [53]
        • 5(4)(52) [52]
        • 5(5)(53) [57]
        • (6)(54) [54]
          • グラビア フィルム紹介--Weather Simulation/p1~4
          • 巻頭言 微分値で評価する時代 / 牧野昇/p9~9
          • プログラミング言語(18)BASIC(3)--プログラムの作成,改良が容易になる自家製の関数,サブルーチンを学ぶ / 土居範久/p10~19
          • 理論プログラミング・シンポジウム(2)--ノボシビルスクにて / 五十嵐滋/p20~24
          • 有限要素法のお話(4)熱方程式,波動方程式,動弾性論における初期値境界値混合問題(1)--熱方程式の有限要素法近似の定式化と,そのL2-安定条件 / 藤井宏 ; 三好哲彦/p25~30
          • ずいひつ YESとNOともうひとつ / 平田自一/p31~31
          • 細胞構造をもった電子計算機(2) / 菅田一博 ; 森田憲一/p32~39
          • 計算機莫迦話(8)メモリプロテクト騒動記 / N.H.K./p41~46
          • 出題 ナノピコ教室 / 神居雅志/p40~40
          • Von Neumannの最初のコンピュータ・プログラム(1) / Donald E.Knuth ; 山田真市/p47~52
          • 情報・システム・行動(6)システム論から情報論へ--システム論を枠組みとして新しい情報論を築く / 村田晴夫/p53~57
          • 高級型グラフィック・システムの応用(6)分子生物学におけるコンピュータ・グラフィックスの利用 / 中原陽一 ; 鈴木勝/p58~63
          • bit Hoyle 花合せ / 五十嵐滋/p64~71
          • アレフ・ゼロ / J・A/p72~72
          • プログラム言語の標準化(2)--COBOL分科会 / 西村恕彦/p73~80
          • 読者の広場--桂馬飛び問題 / 町田市山下真一郎/p81~82
          • ナノピコ教室 / 駒木悠二/p84~87
          • グラビア解説 Weather Simulation / 内海武士/p88~89
          • ぶっくす / 小玉 ; 小林/p90~91
        • [5](6 臨時増刊)(55) [176]
        • 5(8)(56) [53]
          • グラビア 流れ図によるプログラミング/p1~4
          • 巻頭言 ある解析学者の夢 / 近藤基吉/p9~9
          • プログラミング言語(19)BASIC(5)--売り物のひとつである行列計算やシステム・コマンドなどについて学ぶ / 土居範久/p10~16
          • FORTRAN実行時エラーと見えないエラー / 石田晴久/p17~24
          • 情報・システム・行動(7)システムと価値--システム論はどこまで対象範囲をひろげることが可能か / 村田晴夫/p25~28
          • コンピュータの自由化せまる--アメリカの狙いと日本の対応 / 赤木昭夫/p29~36
          • 計算機莫迦話(9)導入酔語 / N.H.K./p37~40
          • ずいひつ アニメCMとコンピュータ / 志賀信夫/p41~41
          • プログラム言語の標準化(3)--アメリカ規格協会X3J4 / 西村恕彦/p42~50
          • 有限要素法のお話(5)熱方程式,波動方程式,動弾性論における初期値境界値混合問題(2)--双曲型方程式の有限要素法による解法―安定性と収束性を中心にした話題 / 藤井宏 ; 三好哲彦/p51~56
          • 高級型グラフィック・システムの応用(7)自由曲線,自由曲面の取り扱い / 中原陽一 ; 西川武男/p57~62
          • 出題 ナノピコ教室 / 細井勉/p63~63
          • bit Hoyle n QUEEN / 天馬飛雄/p64~65
          • Von Neumannの最初のコンピュータ・プログラム(2) / Donald E.Knuth 山田真市/p66~72
          • チェッカー・パズル / 長谷部紀元/p73~79
          • ナノピコ教室(4月号) / 十代田三知男/p81~83
          • アレフ・ゼロ / J・A/p80~80
          • グラビア解説 流れ図によるプログラミング / 大野義夫/p84~85
          • ぶっくす / 広瀬 ; 関根/p86~87
        • 5(9)(57) [55]
        • 5(10)(58) [52]
        • 5(11)(59) [53]
          • 巻頭言 "bit"随想 / 伊藤毅/9~9
          • ずいひつ 麦藁帽子 / 佐藤愛子/56~56
          • グラビア 意識の探究にとりくむ--東北大学医学部脳研生理 //1~4
          • プログラミング言語(22)--COBOL(1)--COBOLの導入書となるよう基礎事項から応用技術までを,例をまじえて解説する //10~14
          • 計算機莫迦話(12)--広告さまさま / N.H.K./37~40
          • 情報・システム・行動(10)--情報と社会--社会の情報システム論的構造をさぐる / 村田晴夫/51~55
          • 有限要素法のお話(8)--混合形の有限要素法--板やシェルの問題における混合法の収束性や精度を検討する / 三好哲彦 ; 藤井宏/73~78
          • 超大型コンピュータの技術(1)--仮想記憶のカラクリ / 石田晴久/15~21
          • コンピュータ・システムの評価(1) / 山本欣子/22~29
          • 理論プログラミングの主題と他の数学諸分野との関連--MTCシンポジウムの講演より / A.Ershov ; 筧捷彦/30~36
          • 神経細胞活動のマルコフ性 / 中浜博 ; 山本光璋 ; 石井直宏 ; 佐藤孝行/41~49
          • 謙虚なプログラマ--1972年度ACM制定Turing賞記念講演 / E.W.ダイクストラ ; 木村泉/57~68
          • bit Hoyle トランプの一人游び / 藤崎哲之助/79~81
          • 出題 ナノピコ教室 / 清水留三郎/50~50
          • 解答 ナノピコ教室(7月号) / 細井勉/69~71
          • アレフ・ゼロ / J・A/72~72
          • 読者の広場 / 大阪府素朴/82~85
          • ぶっくす / 宇都宮 ; 門山 ; 木村/86~87
        • 5(12)(60) [55]
        • 5(13)(61) [55]
        • [5](臨時増刊)(62) [139]
          • データベースシステムへの道/pi~i
          • CODASYLのデータベース / 植村俊亮/pii~viii
          • CODASYLシステムズ委員会--報告書の書誌的事項と組織について述べる / 西村恕彦/pix~xi
          • 0. 機能解析序説--基本的な概念,解析の範囲および解析にあたっての視点を述べる / 星守/p1~10
          • 1. データベースシステム各論--独立言語方式と親言語方式の10個のシステムについて,概要を述べる / 鈴木道夫/p11~26
          • 2. データ構造論--論理的なエントリを関連づけ,構造化したものを集団関係とよぶ / 高橋誠 ; 木村宏 ; 植村俊亮 ; 鈴木道夫/p27~50
          • 3. データ定義言語--データの構造は一つの言語系すなわちスキーマを用いて記述定義する / 島田勝八郎 ; 高橋誠 ; 鈴木道夫/p51~86
          • 4. データベースに対する問合せと出力--特定の条件を満足させるエントリを抽出し,編集して報告書を作る / 木南公統司 ; 島田勝八郎 ; 鈴木道夫/p87~117
          • 5. データベースの値の更新--トランザクションがはいると,特定のエントリの値を書き換える / 植村俊亮/p118~139
          • 6. データベースの当初の生成--スキーマにしたがってエントリを関連づけ,媒体領域中に記録する / 高橋誠/p140~149
          • 7. プログラマは何をできるか--親言語の命令を利用し,データ操作の手順を自由に組み立てる / 植村俊亮 ; 高橋誠 ; 木南公統司 ; 島田勝八郎 ; 田中正明/p150~187
          • 8. データ管理者に特有の権限--利用状況の監査,構造の変更などは,一般の利用とは別に行なう / 西村恕彦/p188~193
          • 9. データの物理的な記憶構造--データの階層的な構造をハードウェア装置の特性に合わせて写像する / 高浜忠彦/p194~208
          • 10. データベース操作のハードウェア環境--大記憶装置,同時並行処理,データ通信,会話方式などの能力が望ましい / 鈴木道夫/p209~222
          • データベース入門--初心者のためにデータベースの意義,利用形態,記憶形式,プログラム言語,概念,用語について述べる / 鈴木道夫/p223~226
          • 付録MARK(IV)指定用紙/p227~234
          • 細目次/p235~238
          • 索引/p239~248
          • 後記/p249~250
      • 1974 (13)
      • 1975 (14)
      • 1976 (13)
      • 1977 (14)
      • 1978 (16)
      • 1979 (12)
    • 1980~1989 (151)
    • 1990~1999 (162)
    • 2000~2009 (16)

Bitの書誌情報

簡易表示

詳細表示

書誌情報

簡易表示

詳細表示

https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3299351/1

この資料は、著作権の保護期間中か著作権の確認が済んでいない資料のためインターネット公開していません。閲覧を希望される場合は、国立国会図書館へご来館ください。
デジタル化資料のインターネット提供について

「書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク)」が表示されている資料は、遠隔複写サービスもご利用いただけます。

遠隔複写サービスの申し込み方(音源、電子書籍・電子雑誌を除く)

機能マウス操作キーボード操作
コマ送りの向きを反転するコマ送り方向反転ボタン(右向き) コマ送り方向反転ボタン(左向き)
次のコマに進む上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:→
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:←
前のコマに戻る上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:←
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:→
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
90°回転(反時計周り)90°回転(反時計周り)ボタンJ
90°回転(時計回り)90°回転(時計回り)ボタンK
サムネイル一覧を表示するサムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)」の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示する[URL]*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像をコマ送りするコマ送りボタンCtrl+→:コマ送り
Ctrl+←:コマ戻し
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※シークバーのドラッグも可能です。
SHIFT+→:+10秒
SHIFT+←:-10秒
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。