国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

Bit. 6(1)(63)

情報
操作方法

目次・巻号

  • Bit
    • 1960~1969 (10)
    • 1970~1979 (135)
      • 1970 (12)
      • 1971 (14)
      • 1972 (13)
      • 1973 (14)
      • 1974 (13)
        • 6(1)(63) [51]
          • 年頭所感 / 尾見半左右/5~6
          • 私の年齢 / 与謝野道子/50~50
          • LISP入門(1)一マッカーシーの条件式とM式--一風変わった言語であるLispとはどんな言語なのであろうか? / 後藤英一/7~13
          • 計算機莫迦話(15)アセンブラ始末記 / N.H.K./32~36
          • プログラミング言語(25)COBOL(4)--表の取り扱いおよび報告書の作成はどのようにしたらよいか? / 水野幸男 ; 伊藤靖彦/44~49
          • 有限要素法のお話(11)1973東京セミナーを中心とした最近の話題--有限要素法に関する日本で開かれた国際会議の論文の紹介 / 藤井宏 ; 三好哲彦/57~62
          • 日本語を考える(1)--自然言語の形式理論 / 水谷静夫/14~20
          • 超大型コンピュータの技術(4)--情報の機密保護技術 / 石田晴久/21~26
          • IBMの研究開発 / Nancy Foy ; Nicholas Valéry ; 赤木昭夫/37~43
          • マルティクス近況--プロジェクトMACに参加して / 小田一博/51~56
          • 情報システムの機密保護(2) / 吉村鉄太郎/63~68
          • チューリングとディジタル計算機の起源 / Brian Randell ; 高浜忠彦/69~81
          • ナノピコ教室 / 土居範久/27~27
          • ナノピコ教室(10月号) / 清水留三郎/28~31
          • アレフ・ゼロ //82~82
          • 迷路さがし //83~85
          • ぶっくす //86~87
        • 6(2)(64) [47]
        • 6(3)(65) [50]
        • 6(4)(66) [47]
        • 6(5)(67) [49]
        • 6(6)(68) [49]
        • 6(7)(69) [49]
        • 6(8)(70) [47]
        • 6(9)(71) [143]
        • 6(10)(72) [49]
        • 6(11)(73) [48]
        • 6(12)(74) [51]
        • 6(13)(75) [51]
      • 1975 (14)
      • 1976 (13)
      • 1977 (14)
      • 1978 (16)
        • 10(1)(117) [54]
        • 10(2)(118) [53]
        • 10(3)(119) [149]
        • 10(4)(120) [54]
        • 10(5)(121) [53]
        • 10(6)(122) [54]
          • 巻頭言 名は体を表わすか? / 高橋理/p3~3
          • 特集 計算機関連学科に入学した諸君へ / 高橋延匡/p4~20
          • ユニバーサル・マンダラ / 橋本創造/p21~21
          • 新基礎講座 算法入門(1)基本プログラミング(1) / 森口繁一 ; 小林光夫 ; 武市正人/p22~29
          • リレー連載 マイクロコンピュータ--シミュレータ(その17) / 斎藤栴朗/p30~34
          • ナノピコ教室--出題(四色問題) / 一松信/p35~35
          • よみもの シベリアの研究学園都市に滞在して / 宮川正弘/p36~42
          • 16ビット高性能マイクロプロセッサ時代来る!! / 井田昌之/p43~43
          • 連載 数学的ソフトウェアを考える--常微分方程式(5) / 戸川隼人/p44~49
          • ずいひつ 長崎慕情のハプニング / 丸尾長顕/p50~50
          • アレフ・ゼロ/p51~51
          • 連載 IBMの挑戦--世界に冠たる情報,教育システムアメとムチで絶えず前進また前進(13) / 北正満/p52~57
          • 計算機科学のための数学談話会--計算結果の信頼性をめぐって / 一松信/p58~59
          • MITにおける最近の研究--AI-Lab.(1) / 米澤明憲/p60~63
          • ミンスキー教授を迎えて / 長谷川洋/p64~65
          • 単語帖/p66~66
          • 連載 プログラム言語 Pascal--レコードとポインタ(5) / 和田英一/p67~75
          • デバイスのはなし--磁気バブル / 石井治/p76~77
          • クタバレ「あみもの的」軟件製造法(2) / 石田康勝/p78~86
          • ナノピコ教室--読行解答講評(パズル) / 駒木悠二/p87~87
          • bitレーダー/p88~88
          • マイコン・ニュース/p89~89
          • ぶっくす/p90~91
        • 10(7)(123) [54]
        • 10(8)(124) [55]
        • 10(9)(125) [59]
        • 10(10)(126) [147]
          • 第1編 ソフトウェア工学 / 東京大学 国井利泰/p7~44
          • ソフトウェア工学--現状と展望 / 東京大学 国井利泰/p8~13
          • ソフトウェア工学の理論アプローチ / 慶応義塾大学 斉藤信男/p14~21
          • ソフトウェア工学の実際的アプローチ / 管理工学研究所 吉村鐵太郎/p22~35
          • 「ソフトウェア工学」の普及事情 / 協同システム開発 大野侚郎/p36~44
          • 座談会 ソフトウェア工学とは何か / 東京大学 国井利泰 ; 協同シスムラ開発 大野侚郎 ; 慶応義塾大学 関根智明 ; 早稲田大学 広瀬健 ; 東レ 三浦大亮 ; 日本ユニバック 山崎利治/p45~60
          • 第2編 要求仕様技術 / 東京大学 国井利泰/p61~119
          • 要求仕様技術の読者への指針 / 東京大学 国井利泰/p62~151
          • ソフトウェア要求と仕様化技術--現状と将来展望 / C.V.Ramamoorthy ; H.H.So ; 日本電気(株) 宮本勲/p63~119
          • ソフトウェア仕様技法の比較的評価 / 東京大学 北川博之 ; 国井利泰/p120~151
          • ISDOSのPSL / 管理工学研究所 山本裕造/p152~176
          • PSL/PSA-情報処理システムの要求定義解析・文書化システム / Y.Yamamoto ; D.Teichroew ; E.A.Hershey/p152~173
          • 最近のシステム解析・設計方法 / D.Teichroew ; E.Winsters/p173~176
          • TRW社のSREM / 日本電気(株) 宮本勲/p177~209
          • 全体の概要/p177~180
          • ソフトウェア要求分析・定義の方法論SREM / M.Alford/p180~193
          • ソフトウェア要求記述言語RSLと解析支援システムREVS / T.E.Bell ; D.C.Bixler ; M.E.Dyer/p193~208
          • まとめ/p208~209
          • SofTech社のSADT / 東芝(株) 前川守 ; 大筆豊 ; 松村一夫/p210~241
          • 構造的分析へのアプローチ--構造的プログラミングに類似した分析手法でシステム設計をより効果的に / D.T.Ross ; J.W.Brackett/p210~215
          • 要求定義のための構造的分析 / D.T.Ross ; K.E.Shoman Jr./p216~230
          • SADTを使ったソフトウェア設計 / M.E.Dickover ; C.L.McGowan ; D.T.Ross/p230~239
          • ITT4080PABX電話交換システム--SADT適用例/p239~241
          • ユニバーサル・グラフ(UGF)とデータ・モデルへの応用 / H.S.Kunil ; T.L.Kunii ; 電電公社 武蔵野通研 後藤滋樹/p242~253
          • 要求仕様技法の応用--要求仕様定義言語を用いたデータベースの設計について / F.Evans ; J.Hsu ; W.Mao ; J.Lin ; H.S.Kunii ; 電電公社 武蔵野通研 後藤滋樹/p254~280
          • 索引/p281~287
        • 10(11)(127) [54]
        • 10(12)(128) [56]
        • 10(13)(129) [68]
        • 10(14)(130) [56]
        • 10(15)(131) [60]
        • 10(16)(132) [95]
      • 1979 (12)
    • 1980~1989 (151)
    • 1990~1999 (162)
    • 2000~2009 (16)

Bitの書誌情報

簡易表示

詳細表示

書誌情報

簡易表示

詳細表示

https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3299339/1

この資料は、著作権の保護期間中か著作権の確認が済んでいない資料のためインターネット公開していません。閲覧を希望される場合は、国立国会図書館へご来館ください。
デジタル化資料のインターネット提供について

「書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク)」が表示されている資料は、遠隔複写サービスもご利用いただけます。

遠隔複写サービスの申し込み方(音源、電子書籍・電子雑誌を除く)

機能マウス操作キーボード操作
コマ送りの向きを反転するコマ送り方向反転ボタン(右向き) コマ送り方向反転ボタン(左向き)
次のコマに進む上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:→
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:←
前のコマに戻る上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:←
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:→
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
90°回転(反時計周り)90°回転(反時計周り)ボタンJ
90°回転(時計回り)90°回転(時計回り)ボタンK
サムネイル一覧を表示するサムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)」の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示する[URL]*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像をコマ送りするコマ送りボタンCtrl+→:コマ送り
Ctrl+←:コマ戻し
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※シークバーのドラッグも可能です。
SHIFT+→:+10秒
SHIFT+←:-10秒
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。