国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ    このデータベースについて    ヘルプ

目次・巻号

  • Bit
    • 1960~1969 (10)
    • 1970~1979 (135)
      • 1970 (12)
      • 1971 (14)
      • 1972 (13)
      • 1973 (14)
      • 1974 (13)
      • 1975 (14)
        • 7(1)(76) [53]
          • 巻頭言 専門学術書の危機 / 一松信/p5~5
          • LISP入門(13)Backtrack法とLisp--N-Queensの問題を例にとり,Backtrack法について考えてみる / 後藤英一/p6~11
          • ずいひつ 悪ふざけ / 筒井敬介/p12~12
          • グラフィックスのためのデザイン(4)--プログラム開発のための一般的技法 / 中原陽一 ; 渡辺寛 ; 篠田博水/p13~20
          • 新連載 ミニコンのシステム・プログラム(1)文字の入出力(1)--気軽に読んでシステム・プログラムはどんなものかを悟って下さい / 島内剛一/p21~27
          • グラフィック・ディスプレイによる原子炉炉心の地震シミュレーション解析 / 幾島毅 ; 中村康弘 ; 小沼吉男/p28~39
          • 数値計算のフィロソフィー(11)楕円型の世界--前回話したことが,"最終的にはどうなるか?"ということを調べてみる / 戸川隼人/p41~46
          • 出題 ナノピコ教室 / 十代田三知男/p40~40
          • 大気汚染解析モデルの開発(2)--複合型モデルとは / 大瀬貴宏 ; 常岡正義 ; 田尾陽一 ; 山下浩/p47~52
          • 65日間日本一周最長片道切符 / 平野照比古/p53~58
          • 擬似ランダム系列(3) / 中村勝洋 ; 佐藤創/p59~67
          • アレフ・ゼロ/p68~68
          • 計算機莫迦話 おれはオバケだぞ!--マニュアルこわい / N.H.K./p69~73
          • 解答 ナノピコ教室(10月号) / 駒木悠二/p74~75
          • マイクロプログラミング(12)マイクロプログラミングの記述と生成--マイクロプログラムを書くためのアセンブラやコンパイラについて述べる / 宇都宮公訓/p76~87
          • ぶっくす / 今井 ; 桜井 ; 合田/p86~87
        • 7(2)(77) [48]
        • 7(3)(78) [52]
        • 7(4)(79) [48]
        • 7(5)(80) [48]
        • 7(6)(81) [49]
        • 7(7)(82) [50]
        • 7(8 臨時増刊)(83) [121]
        • 7(9)(84) [46]
        • 7(10)(85) [50]
        • 7(11)(86) [48]
        • 7(12)(87) [50]
        • 7(13)(88) [50]
        • 7(14)(89) [100]
      • 1976 (13)
      • 1977 (14)
      • 1978 (16)
      • 1979 (12)
    • 1980~1989 (151)
    • 1990~1999 (162)
    • 2000~2009 (16)

Bitの書誌情報

簡易表示

詳細表示

書誌情報

簡易表示

詳細表示

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3299352/1

この資料は、著作権の保護期間中か著作権の確認が済んでいない資料のためインターネット公開していません。閲覧を希望される場合は、国立国会図書館へご来館ください。
デジタル化資料のインターネット提供について

「書誌ID(NDL-OPACへのリンク)」が表示されている資料は、遠隔複写サービスもご利用いただけます。

遠隔複写サービスの申し込み方(音源、電子書籍・電子雑誌を除く)

機能マウス操作キーボード操作スマートフォン/タブレットPC操作
次のコマに進む[次]ボタン
コンテンツ表示エリア右端をクリック
画像を左にフリック
コンテンツ表示エリア右端をタップ
前のコマに戻る[前]ボタン
コンテンツ表示エリア左端をクリック
画像を右にフリック
コンテンツ表示エリア左端をタップ
先頭コマに移動[先頭]ボタンHome[先頭]ボタン
最終コマに移動[最終]ボタンEnd[最終]ボタン
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタンボタン
拡大縮小スライダーバー
ピンチアウト
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタンボタン
拡大縮小スライダーバー
ピンチイン
画像を動かす画像をドラッグ画像をドラッグ
フルスクリーン表示[フルスクリーン(画面の拡大)]ボタンF[フルスクリーン(画面の拡大)]ボタン
フルスクリーン解除[フルスクリーン解除]F[フルスクリーン解除]
画像全体を画面内に収める全体表示ボタンG全体表示ボタン
画像の横幅を画面内に収める幅合わせ表示ボタンH幅合わせ表示ボタン
左90°回転左90°回転ボタンJ左90°回転ボタン
右90°回転右90°回転ボタンK右90°回転ボタン
画面左の書誌情報を消す[▼書誌情報]をクリック[▼書誌情報]をタップ
画像を表示する領域を広げる
(黒い部分を小さくする)
[表示領域設定]ボタンをクリックし、設定数値を大きくする*S[表示領域設定]ボタンをタップし、設定数値を大きくする
印刷/保存[印刷/保存]ボタン*P[印刷/保存]ボタン
JPEG形式で表示[JPEG表示]をクリックし倍率を設定[JPEG表示]をタップし倍率を設定
特定コマのURLを表示する[URL]ボタン*U[URL]ボタン
サムネイル一覧を表示する[サムネイル一覧]ボタンT[サムネイル一覧]ボタン
音声/映像を再生する再生ボタンP再生ボタン
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP一時停止ボタン
音声/映像を停止する停止ボタンS停止ボタン
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW4:3ボタン
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW16:9ボタン
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※ドラッグには対応していません。
←→シークバー
音声を消す(ミュート)ミュートボタンミュートボタン(ミュート状態)Mミュートボタンミュートボタン(ミュート状態)
音量を調整する音量スライダー↑↓音量スライダー

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。